安房郡市広域市町村圏事務組合 安房郡市広域市町村圏事務組合トップページ
千葉県館山市北条686番地1
TEL.0470-22-0119/FAX.0470-22-6562
コンテンツ
HOME
概要
生活安心情報
119番通報のかけ方
救急処置
救急当番医
共同指令センター運用開始
災害案内
リコール情報

各種講習・試験案内
おしらせ
アクセス
各種ダウンロード(PDF)
 消防年報
 各種申請用紙
救急処置(応急手当の重要性)
AEDの取扱方法(成人)はコチラをご覧ください。

 我が国では、救急車を要請してから現場に到着するまで、平均約6分間かかると言われています。(安房郡市では、平成18年中現場到着までの所要時間は平均7分でした。) 
 また医学的に心停止後、脳は3〜4分間の血流停止によって重大な障害を受け始めてしまいます。
 このことから、心肺停止の傷病者が発生した場合、近くに居合わせた人が適切な心肺蘇生法を速やかに開始しないと、蘇生のための貴重な時間を浪費してしまい、「大切な救命のチャンス」を逃してしまいます。
 傷病者のそばにいる人が、気道を確保して、人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)を直ちに始めることで、脳に発生する障害を減少させることができ、心肺停止の傷病者が社会復帰する可能性が高くなります。
 さらに、心室細動(心筋が不規則にブルブルと震え、全身に血液を送り出すというポンプの役割を果たせない状態)を取り除くためには、AED(自動体外式除細動器)を用いて心臓に電気ショックを与えることが、最も適切な処置であるといわれています。
 日本では、平成16年7月から一般の人がAEDを使用できるようになりました。

このページのトップへ
Copyright (C) 2007 SHOBO HONBU. All Rights Reserved.